So-net無料ブログ作成

新卒雇用奨励金を拡充=厚労省(時事通信)

 厚生労働省は21日、卒業までに就職できず求職活動を続ける新卒者に関し、正社員採用を視野に入れ有期雇用契約を結んだ企業に支給する「新卒者体験雇用奨励金」を拡充すると発表した。助成期間を1カ月から最長3カ月に、支給額を8万円から最大16万円にする。施行日は6月7日。
 奨励金は2010年度限りの時限措置で、支給対象はハローワークを通して求職活動する新卒者を有期雇用した企業。 

【関連ニュース】
藤谷治さんのチェロ盗む=小説「船に乗れ!」作者
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く
ハローワークで爆発物騒ぎ=電話に続き、男が包み置く
障害者の就職、2年ぶり増=09年度、景気持ち直しで
ハローワーク地方移管に反対=出先機関見直しで

首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
石原知事「日本のステータスをおとしめたのは外交」(産経新聞)
<時効成立>気付かずに逮捕 警視庁が謝罪(毎日新聞)
ASEAN各国に自動車基準・認証協力イニシアティブを提案(レスポンス)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)

沖縄本土復帰38年、基地縮小求め県民大会(読売新聞)

 沖縄県は15日、本土復帰から丸38年を迎えた。

 同県宜野湾市の海浜公園では同日夕、米軍基地の整理縮小を日米両政府に訴える「平和とくらしを守る県民大会」が始まった。

 政府は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)を移設候補地の軸とした最終案を固めている。

 大会は労組などで構成する沖縄平和運動センター主催で、同沿岸部など県内3か所を14日に出発した「沖縄平和行進」のゴール地点を会場とした。

 行進の参加者らが見守る中、伊波洋一・宜野湾市長、地元選出の国会議員らが次々とマイクを握り、基地負担の軽減の必要性をアピールする。最後に、鳩山政権に対し、〈1〉「最低でも県外」とした“公約”の順守〈2〉普天間飛行場の閉鎖へ向けた米国との交渉開始――を求める決議を採択する。

【舞台はここに】五木寛之「親鸞」 京都・六角堂(産経新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
【from Editor】名簿奨励条例への期待(産経新聞)
参院選、公約採点見送り=指定市長会(時事通信)
70歳の有名スリ「三ちゃん」逮捕 70歳「生活保護だけでは…」(産経新聞)

神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)

 神奈川県の松沢成文知事は6日、副知事に黒川雅夫理事を起用する人事を固めた。18日開会の県議会で選任同意を得て発令する。同県は3人の副知事のうち羽田慎司、小野義博両氏が不正経理問題の責任をとる形で任期途中の3月下旬に辞職したため、2人が空席となっていた。 

演奏家宅からコントラバスなど5300万円相当盗まれる 東京・三鷹(産経新聞)
<橋下知事>街頭演説で大阪都構想…「市役所と府庁は解体」(毎日新聞)
点滴混入公判 制度本格化へ試金石 専門用語多く負担増す不安(産経新聞)
普天間「公約違反」66%…読売世論調査(読売新聞)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。